1. >
  2. >
  3. トリマーのつらいこと

トリマーのつらいこと

トリマーは心身ともにハードな仕事

私は動物の中でも特に犬が好きで、いろいろな犬と接することができる職業としてトリマーを目指しています!
しかし勉強をしているうちに、トリマーという職業の厳しさが垣間見えてきました。

トリマーは犬好きにとって、とてもやりがいのある仕事です。
しかし同時に、楽な仕事ではありません。
精神的にもきついですし、体力も求められます。
単に犬が好きという安易な気持ちだけでは、続けることが難しい職業といえるでしょう。

トリマーが大変な理由の一つに、体力勝負であることが挙げられます。
トリマーは犬の美容師であると同時に、健康をケアするのが仕事です。
コモナ作業はトリミングですが、トリミングテーブルと呼ばれる台に犬を載せて立った状態で作業を行います。

小さな犬なら負担は少ないですが、中型犬や大型犬をトリミングテーブルに載せたり下ろしたりするのはかなりの体力がいります。
また、トリミングに慣れないワンちゃんの中には、吠える子も噛み付く子もひっかく子もいます。
トリマーは生傷が絶えない職業でもあるのです。
ほぼ一日中立ち仕事ですし、ワンちゃんの上げ下ろしで腰を痛めている人も多く、腰痛は職業病といえるでしょう。

集中力を欠くと危険!

作業中は集中力も必要です。
じっとおとなしくしているワンちゃんなら作業はやりやすいのですが、じっとしてくれない子が多いのが現状です。
このような状況で、少しでも気を緩めるとハサミなどでケガをさせてしまうことがあります。
飼い主さんの大切なペットに傷をつけると、お店の信用にかかわります。
また、トリマー自身がケガをすることもります。
緊張感を維持しながら作業を進めなければいけません。

また、専門学校を出たからといって、すぐに一人前のトリマーになれるわけでありません。
実際に働きながら技術力を磨き、お客様に満足してもらえる接客態度も身に着けていく必要があります。
とはいえ、いったん勤めたらそこは職場です。
誰もがていねいに技術を教えてくれるわけでありません。
実際には掃除やシャンプーなどの下働きをこなしながら、先輩の技術を目で見て盗んでいくしかないのです。

心身ともにハードな仕事ですが、トリマーの給与は決して高くはありません。
特に新人のお給料は低いのが一般的です。
日々くたくたになるまで働いても、わずかの収入しか得られないのが現状です。

独立すると事業主として収入が得られるようになりますが、お客様を呼び込むためには宣伝などさまざまな営業努力が必要です。

好きなことができるので、やりがいのある仕事である反面、現実の厳しさに日々直面することになります。
このため、トリマーとしてせっかく就職できたのにつらくて辞めてしまう人が多いのです。

しかし慣れてくれば、自分の技術を磨く楽しさが実感できますし、ケガも少なくなるといわれています。
長く続けるためには、将来どのようなトリマーになりたいのかをイメージし、キャリアプランを立てて自分なりの目標をもつことが大切だと感じています。