1. >
  2. >
  3. 中卒、高卒でトリマーになるには

中卒、高卒でトリマーになるには

トリマーに必要な学歴は?

トリマーは特に学歴や資格がなくても働ける仕事です。
ですから、中卒や高卒であっても何ら問題はありません。

しかし採用側からするとどうでしょうか?
専門学校でしっかりと知識と技術を身に着けた人の方を優先的に採用しようと考えるはずです。

実際に求人内容をみても経験者を優遇していますし、未経験者歓迎の職場であってもトリマーの専門学校を卒業していることや民間のトリマー資格があることが条件となっています。
現状でトリマーになるためには、専門学校で学ぶのが最も近道といえるでしょう。

高卒であれば、どの専門学校にも入学資格があります。
では、中卒でも専門学校に入れるのでしょうか?
入学資格を高卒以上としている専門学校が多いのですが、中卒の人でも受け入れている専門学校もあります。
まずはそのような専門学校を探してみましょう。
きちんと学んで資格をとれば、トリマーに必要な知識と技術が身につきます。

採用側が求める学歴

専門学校で勉強して民間資格を取得すれば、正社員として採用されやすくなります。
ただ職場によっては、中卒であることがネックになる可能性もあります。
民間資格があっても、高卒者の方を優先採用する職場が多いからです。

しかしトリマーの知識と技術があれば中卒でも採用するという職場もありますから、中卒でも諦めずにチャレンジしましょう。
採用側はやる気があるか、長く続きそうか、真面目な性格かなど人柄や頑張りを評価するからです。

専門学校に通わずにトリマーとして働く場合は、アルバイトなど非正規雇用が大半です。
なかにはアルバイトとして働いて経験と実績を積み、仕事ぶりが評価されて正社員として雇用されることもります。
しかし、このようなケースは珍しいといえるでしょう。

中卒か高卒か迷ったたら……

一日でも早くトリマーになりたいからという理由で、中学を卒業後、高校に進学せずにトリマーの専門学校を進路に選ぶ人もいるでしょう。
これも一つの選択肢ですが、急がば回れという言葉があるように、あまり性急に進路を決めるのはおすすめできません。
特にトリマーは新人の約半数が離職するといわれるほど厳しい仕事です。

中卒で専門学校に通えば、他の人よりも早く現場で働くことはできるでしょう。

しかし、これまで生きてきた年数よりも、はるかに長い年数を社会人として過ごすことになります。
まだまだ成長期ですから、高校に進学して新たな職業や夢に出会い進路を変更することも十分に考えられるのです。

また高校ではさまざまな科目の勉強をすると同時に、友だちとの交流やクラブ活動、文化祭、運動会といった行事など、多岐にわたる活動や経験を通じていろいろなことを学びます。
特に勉強以外の部分で学んだり経験したりする事柄は、この時期でしか得られません。
高校時代にいろいろな人と過ごすことで、視野が広がり対人コミュニケーションのスキルが磨かれるというメリットもあります。
進路選びは慎重に行いましょう。