1. >
  2. >
  3. ライセンスの種類

ライセンスの種類

JKC公認トリマーとは

民間の法人などによる技術認定によって取得できつつ、その中でも最もポピュラーなのがJKC(ジャパンケンネルクラブ)になります。
JKCの公認トリマーは、ペットのグルーミングのスペシャリストとして認知度が高いので就職や開業に有利と言われています。

この資格は独学や専門学校で学んだ人でも会員になっていれば挑戦することができますが、JKCの専門校受講コースを利用すると資格が取得に便宜が受けられるという特徴があります。
JKCでは技術と経験によって資格が分かれていて、C級、B級、A級、教士、市販という5種類の資格を発行していますが、各資格ともに受験の条件というのがあります。
その条件は養成機関利用者と一般会員では大きな開きがあり、例えば基礎となるC級は養成機関を卒業すれば自動的に取得出来るなどの便宜が図れます。

一番取得者が多いのはB級ですが、これはC級を取得してから2年以上経過していること、さらにブロックトリマー協議会から受験資格を与えられなくてはいけません。
ですから最初から目指すのであれば、公認の養成機関を卒業するのが一番の近道と言えるでしょう。

JDA認定トリマーとは

トレーナーやブリーダーなど愛犬技術者の資格認定を行っているのがJDA(全日本愛犬技術者指導協会)という機関です。
JDAは厚生労働省の認可を受けていることから、信頼性の高い資格として目指す人も多い資格になります。

トリミングの資格は3ランクに分類されていて、1級、2級、3級が技術や知識のレベルに応じて取得出来ますが、下位級から取得していくのが基本です。
受験資格は、JDAが指定している学校に在学しているか卒業していることですが、2年間の履修歴があれば1級ライセンスの受験資格を得ることができます。

ペット・グルーミング・スペシャリストとは

ペット・グルーミング・スペシャリストは、簡単に言うとペットの美容師というもので、ドッグ・グルーミング・スペシャリストとキャット・グルーミング・スペシャリストの2種類の資格があります。
犬と猫の違いはあるものの、トリミングやグルーミングなど美容関連だけではなく健康管理まで行うというのが仕事になります。

仕事内容的にはほとんど同じですが、この資格はNPO法人日本動物衛生看護師協会で取得します。
ただし、ペット・グルーミング・スペシャリストの受験資格として、ヤマザキ動物専門学校で動物管理学科を修了する、という条件があります。
さらに入学資格は女子限定となるので、男子はこの資格を取得することはできません。

ですが、ペットの美容師はペット・グルーミング・スペシャリストだけではなく、主催している企業や団体はたくさん存在します。
ですのでこの資格は取得出来ないにしても、男子だからといって絶対にペットの美容師になれないということではありません。
資格の認定を行っている団体は全国にあるので、勉強して取得を目指せば男子でもペットの美容のライセンスを取ることは可能なのです。