1. >
  2. >
  3. 家庭でも出来るシャンプー法

家庭でも出来るシャンプー法

ペットのシャンプーの頻度は?

人間は毎日シャンプーをするのが一般的ですが、犬などの場合は頻繁にやりすぎると皮脂などを落としすぎてしまうため、皮膚炎などが引き起こされやすくなります。
とは言っても、ニオイも気になりますし、あまりにも放っておくとダニなどが繁殖してしまって病気になってしまいます。
特に梅雨の季節や夏は、秋冬よりもこまめにシャンプーしなくてはいけませんが、普段はどれぐらいの頻度で行えば良いのか分からないという方も多いでしょう。
季節はもちろん、犬の種類や毛の長さによって違ってきますが、月に1回から2回というのが一般的な頻度になります。

これ以上回数を増やしてしまうと、皮膚や毛に乗った油が取れてしまい、保護するものがなくなってしまいます。
逆にこれ以下しかやらないとなると、毛がもつれたりニオイがひどくなったりします。
小型犬で短毛種だったら手軽にシャンプーをしてあげることができますが、大型犬や長毛種、カット犬ともなるとトリマーにお任せする方が手軽です。
かと言って、月に2回トリマーにトリミングしてもらうとなると、案外費用が嵩んで負担になってしまうため、結果的に放ったらかしとなってしまうこともあるでしょう。

可愛いペットのことを考えれば、2週間に1度はシャンプーをしてあげたいものです。
ですから、家庭でも出来るシャンプー法をしっかり学んで、汚れたりしたらトリマーに頼らなくてもケアが出来るようにしておきましょう。

家庭でのシャンプー方法

自宅で簡単にペットシャンプーのやり方は、まずはブラッシングをします。
いきなりシャンプーをしてしまうと、もつれている場合、毛が抜けてしまったりダメージを与えて艶がなくなったりしてしまいます。
また、毛が絡まっている部分にシャンプーが残って、皮膚トラブルを起こしてしまう可能性もあるので、しっかりブラッシンジをしましょう。
長毛ならピンの長いブラシを使って、特にもつれやすい内股まで丁寧に細かくとかします。
短毛でも、毛の生え変わりを促進して艶を保つために、ゴム製のブラシを利用してとかしてあげてからシャンプーをします。

もつれが完全になくなったらいよいよシャンプーですが、人間のものだと脱脂力が強すぎるので、必ずペット専用のシャンプーを使うようにします。
液剤を軽く泡立てたら、顔と耳以外の全身を指の腹を使って優しく洗っていきますが、特に汚れやすいお尻や肉球の間はしっかりと洗いましょう。
くまなく洗ったら、シャンプーが残らないように時間をかけてすすぎます。

しっかりとすすいだら、軽くリンスをしてもう一度しっかりと地肌まですすぎ、最後はドライヤーで乾かしていきましょう。
長毛の犬種は根元が乾きにくいので、ブラシを使って乾かしてください。
濡れたままの部分があると、そこが蒸れてかぶれたり雑菌が繁殖して皮膚トラブルになってしまうので気をつけましょう。
この季節は、冬毛に生え変わる時期になるので、ブラッシングをこまめにするのはもちろん、1週間おきぐらいの頻度でシャンプーしてあげるといいですね。