1. >
  2. >
  3. トリマーのやりがいや給料って?

トリマーのやりがいや給料って?

トリマーのやりがいとは?

トリマーは苦労も多いのですが、その分だけやりがいも多い仕事だと思います。
動物が好きだから、いつも触れ合いたい!そんな気持ちでトリマーを目指す人が多いので、毎日動物と触れ合えるのはとても幸せなことです。

そして、トリマーは技術者としてのプライドをもって働くことができます。
自分の技術で美しくカットしてあげるだけでなく、健康状態にも気を配り飼い主さんにアドバイスをすることもできます。
自分がきれいに仕上げた動物が嬉しそうにしている様子をみるのは何よりのやりがいですし、飼い主さんから喜ばれるのも大きな喜びです。
特に、トリミング中に皮膚や耳垢などの異常にいち早く気づくことができれば、病期の早期発見・早期治療に貢献できます。
飼い主さんと動物から信頼されるトリマーでいることは、プロの技術者として何よりも誇れることではないでしょうか。

また、将来独立の道が開かれているので、努力次第で活躍の場が広がるのもやりがいにつながります。
雇われトリマーの収入は低めです。
しかしカリスマトリマーなど人気の高い人は収入が多くなります。
独立すれば自分が事業主となって活躍できますから、努力次第でお金を稼ぐことが可能です。

独立をすれば、自分が思い描いているとおりのお店を経営する喜びも得られます。
将来の夢があればつらい修行に耐える力も湧いてくるというものです。

実力の世界ですから、頑張れば頑張るだけ結果が生まれるのでやりがいがある仕事だと思います。

トリマーの収入は?

一般的なトリマーのお給料は、決して高くはありません。
地域や職場によって異なりますが、正社員として勤務する場合初任給の平均は15万円程度です。
給与の相場は15万~20万円前後といわれています。
お店によってはボーナスが出ないところもありますから、年収で180万~240万円程度。
ボーナスがある場合で、年収300万~500万円程度といわれています。
ただし実力があり、予約が取れないなど人気の高いカリスマトリマーの場合は月50万円以上の給与を得ているひともあります。

正社員ではなくパートやアルバイト、派遣社員として働く方法もあります。
この場合の時給の平均は750~1200円程度が目安です。
専門知識が求められるトリマーですが、非正規社員として働く場合でも時給は他の職業と同じ程度となっているのが現状です。

トリマーは個人経営の職場も多く、ボーナスが出ないだけでなく福利厚生が期待できない職場もあります。
このため収入が不安定なトリマーは少なくありません。

就職するなら、給与面だけではなく、社会保険をはじめとする福利厚生など職場環境が整っていることも条件にして探すことをおすすめします。