1. >
  2. >
  3. 爪きりのコツ

爪きりのコツ

自分の爪を切るのはこんなに簡単なのに、なぜペットの爪はこれほど苦労する必要があるのだろうかと思った事がある人もいるでしょう。

刃物を使うので、おとなしくしていてもらいたいのに、力の限りそこから逃れようとする子も中にはいます。
その為、ペットの爪切りに関しては苦手としている人も多くいるのではないでしょうか。

しかし、実はちょっとしたコツを知るだけで、もしかしたら今までよりも爪切りが楽にできるようになるかもしれません。
ただペットにとって、足先を触られるのは非常に苦手な事です。
従って、まずはリラックスさせること、そしてあとは出来るだけ短時間で終わらせる事が必要となってきます。
長くなればなるほどペットにとってストレスになるので、我慢ができなくなってしまう子が出てくるので注意しましょう。

次に、爪切りをしっかりと選ぶようにします。
使い勝手には慣れが多少は影響しますが、出来ればギロチンタイプの爪切りを利用して行うのがお勧めです。
そうすれば子犬の爪も成犬の爪を切る事は出来ます。だからまずはギロチンを上手に使うのに慣れましょう。
後、爪やすりも使えるようにしておくのがお勧めです。

ところで人間の爪と犬の爪、構造がまったく違う事をご存知ですか。

それは爪の形状だけでなく、犬の爪には中に血が流れているという事です。
だから少し切りすぎてしまうと、爪から血が出てくるので、切る長さには注意しましょう。

特に白い爪であればどこまで切って良いのか分かりますが、黒い爪の場合は注意が必要です。
血が出た時は落ち着いて、止血剤を利用するようにしましょう。

爪の切り方は、白い爪と黒い爪で変わってきます。

白い爪の場合は、血管の手前まで爪切りで切って、徐々にやすりで角を落として丸くするようにしましょう。
切ったままにしておくと、先が削れて丸くなるまで危険な状態になるので、出来るだけやすりは掛けるようにします。

黒い爪の場合は、白い爪の様に血管が見えないので、切る時は慎重に少しずつおこないます。
爪の感じが変わったと分かったところで切るのをやめて、後はやすりを掛けて先を丸くするようにしましょう。

爪切りはトリマーの練習としても、かなり高度な部類に入ります。
出来るだけペットにストレスを与えないようにする事、そして丁寧に、しかも確実に行うのが非常に重要です。
従って練習をする時は、出来るだけ短時間に確実に行えるように、爪の構造を良く理解して行うようにしましょう。

可愛いペットがいつまでも元気でいてくれるように、このような細かいところまで注意を払ってあげるのが一番です。