1. >
  2. >
  3. シェービング

シェービング

トリマーが行う犬のシェービングとは、専用のカミソリなどを用いて、毛を剃るようにカットする技をいいます。
プードルなど毛に特徴がある犬種など、大幅に毛をカットすることが推奨されているケースでは、普通のハサミによるトリミングではなく、シェービングが望ましいことがあります。
トリマーがシェービング技術を身に付けるにあたっては、やはり実践が不可欠です。
いくらテキストで頭に入れても、できるようにはなりません。
人の髪を扱う美容師の場合は、人工のカツラを使って練習も可能ですが、犬の場合には毛に特徴があり、そういったシミュレーションアイテムを用いるのも困難です。
どうしても、本物の犬で実践することが求められるのです。
では、トリマーやトリマーを目指す人たちは、どのように練習しているのでしょうか。
まず、トリミングスクールに通っている場合には、スクールで実習が行われます。
スクール内で実習をするほか、実際にペットショップやペットサロンに出向いて練習させてもらえる場合もあります。
こうした営業現場で、現役のトリマーから指導を受けられることは、とても有意義な体験となるでしょう。
また、販売目的の商品としての犬や、お客様からお預かりした犬に対して行うので、緊張感もあり、実践的な練習を積むことができます。
最近ではペットブームの影響もあり、通信講座でもトリマーの勉強ができますが、多くの講座では実際にトリミングを行うスクーリングを実施しています。
練習ができる絶好の機会ですので、スクーリングには上限回数まで参加するようにしましょう。
こうした実習が整っているスクール選びをするのも、練習の場を増やす1つのポイントになります。
比較的容易に練習が可能なのは、ご自宅で飼っている愛犬で行うことです。
慣れているので練習がしやすく、日頃の様子が分かっているため、愛犬の反応を見て、痛かったかとか気持ちよくできているかも分かりやすいのがメリットです。
ただし、お飼いの犬種によってシェービングに適さないケースもあります。
また、1度練習すると毛が再び生えてくるまで、次回の練習は待たねばなりません。
愛犬の練習である程度、自信がついたら、親戚やご近所、お友達のペットで練習させてもらえないか頼んでみるといいでしょう。
コダワリやあなたの技術に不安があると引き受けてくれないかもしれませんが、無料でできるとなれば、中にはOKしてくれる方がいるかもしれません。