1. >
  2. >
  3. YIC京都ペット総合専門学校

YIC京都ペット総合専門学校

京都駅から歩いて徒歩5分の好立地

YIC京都ペット総合専門学校は、京都市内にあるペットに関する様々な教育を行っている学校です。
京都駅から歩いて5分という好立地で、とても便利なロケーションにあります。
毎日通う学校だからこそ、通いやすい便利なところというのは、学校を選ぶ重要なポイントになりますね。

YIC京都ペット総合専門学校の特徴は、実践的な課程を提供することで、現場で即戦力となるプロフェッショナルを育てていることです。
そのため、文部科学大臣から「職業実践専門課程」の認定を受けています。
これは、単に頭だけの知識を教えるのではなく、実際にその知識を仕事場において活用できる実践力を付けられるような教育をしていることを証するものです。

具体的には、ペットを扱う企業と提携して、現場での実習や訓練を行っています。
また、学校で行うクラスにおいても、企業からプロが講師として派遣され、実際の現場でどのように仕事をしているかを講義しているのも特徴です。
このように、実践的な知識と技術を習得できるのが大きなメリットと言えるでしょう。

2つの科がメインとなっている

YIC京都ペット総合専門学校は、ペット総合科と動物看護科の2つの科がメインとなっています。
ペット総合科は、さらにコースに分かれていて、トリマーコースとドッグトレーナーコース、ペットアドバイザーコースの3つが設けられています。

(参考記事)
http://www.yic-kyoto.ac.jp/pet/course/

どのコースでも限定された犬種や動物ではなく、あらゆる犬種もしくは動物に対応できるように、いろいろな経験を積めるのがメリットとなっています。
生徒一人当たり最低でも一匹のモデル犬を用意してトリマーの訓練を行うなどして、生の経験を積んで技術を高めていくところにこの学校の特色があります。

また、動物看護科では、様々な動物への対応ができるように、具体的な事例をたくさん取り上げて、すぐに現場で働けるような人材を育てることを主眼としています。
また、獣医師との連携を重視し、チームで医療を実現できるようにしているのも特徴です。

充実した設備も自慢の学校

YIC京都ペット総合専門学校のもう一つの特徴は、充実した施設、設備です。
ドッグトレーニングの講習のためには、屋内に広々とした訓練場が設けられていて、たくさんの器具や設備が設置されていますので、体で訓練方法を覚えられます。

また、グルーミングなどの実習室は広いスペースが取られていて、生徒一人ずつに実習用のスペースがあてがわれます。
交代で実習を行うのではなく、全員が同時に学べるので効率よく学習できる環境となっています。

このように、YIC京都ペット総合専門学校は充実した設備や実践的な講義内容が特徴となっています。