1. >
  2. >
  3. ゴールデンレトリバーのトリミングと普段のお手入れ

ゴールデンレトリバーのトリミングと普段のお手入れ

ゴールデンレトリバーもトリミングとお手入れを

ゴールデンレトリバーを飼っている方はトリミングと普段のお手入れに気を遣う必要があります。
ゴールデンレトリバーはとても可愛い犬ですが、やはり毎日何もお手入れなどをせずにいると、だんだんとくたびれた感じになってしまいます。

そこで今回はゴールデンレトリバーのトリミングと普段のお手入れについてご紹介します。
ポイントを守っていただくことでゴールデンレトリバーを良い状態に保つことができるのでぜひ参考にしてほしいと思います。

ゴールデンレトリバーのトリミングについて

ゴールデンレトリバーのトリミングは自分で行なうこともできますが、ペットショップで専門的な技術を持っている方に行なってもらうとより適切なトリミングを行なってもらうことができます。
定期的に行なってもらうのがおすすめで、目安のペースとしてはひと月からひと月半ほどのペースで行なってもらうと良いでしょう。
また、ペットのトリミングサロンのスタッフの方に相談すると、より適切なペースについて教えてくれるので、教えてもらったペースで行なってもらうと良いでしょう。

もちろん費用はかかりますが、やはりゴールデンレトリバーはその見た目がとても魅力的な犬です。
ぜひしっかりとトリミングをしてもらって、良い状態に保ってもらいましょう。
また、少し気になるくらいのトリミングは自分で行なうのもおすすめです。
トリミング用のハサミを購入して行なってみましょう。

普段のお手入れについて

普段のお手入れとしてまず行なっておきたいのがブラッシングです。
ブラッシングにはブラシを使いますが、ブラシにも種類があります。
オススメなのはナイロンブラシや獣毛ブラシです。
これらのブラシは毛が柔らかく、ゴールデンレトリバーの皮膚をブラッシングしても刺激が弱く、皮膚にダメージを与えることがありません。

毛がかたいとゴールデンレトリバーも痛みが加わってしまい、ブラッシングを嫌がるようになります。
ブラシはペットショップで購入することができるので、毛の柔らかさをチェックして購入することをおすすめします。
また、ネットショップなどでも購入することができます。
自宅で注文することができるのでとても手軽ですが、毛の種類はしっかり確認してから注文することをおすすめします。

ブラシを手に入れたらなるべく毎日ブラッシングを行なってあげるのがおすすめです。
良い毛並みを保つことができますよ。

ゴールデンレトリバーは耳のお手入れもおすすめです。
こちらは小さい頃は行なわなくて良いですが、生後1ヶ月から2ヶ月ほどした時点から始めると良いでしょう。
行なうことは毛のカットと、綿棒での汚れの拭き取りです。
定期的にケアをして、良い状態を保ってあげてくださいね。